がん保険はがん診断給付金と通院給付金で比較検討

がん保険はがん診断給付金と通院給付金で比較検討

がん保険には、入院日数によって支払われる入院給付金と、手術を受けたときに給付される手術給付金の他に、がんと診断されると給付される診断給付金や、通院日数によって支払われる通院給付金が特約でついています。がん保険を決める場合にはこれらの給付金に着目して、良いと思われるがん保険を選んでいく必要があります。

その前に現在のがん治療スタイルですが、抗がん剤治療や放射線治療などの治療は、入院治療から通院治療へと変化してきています。ですから、入院日数は減ってきていて、逆に通院日数が増える傾向にあります。その点から考えると、入院給付金は判断の材料から外しても問題がないということになります。また、内視鏡手術などの医療技術の向上で、手術の回数も以前よりも減ってきているので、手術給付金も判断材料から外しても問題はないでしょう。

一方、通院治療が増えている現状では、通院給付金は以前よりも価値が上がってきており、給付の対象となる通院の定義において条件の良いがん保険は、判断材料になり得ます。

そして、がんと診断されたときに給付されるがん診断給付金ですが、診断された時点で給付されるためまとまったお金を手元に受け取ることができます。よって、がん診断給付金で当面の生活費を賄いながら闘病生活を送ることが可能です。このがん診断給付金と通院給付金で比較して決めていくことが、良いがん保険の選び方になります。

最新情報

  • がん保険はがん診断給付金と通院給付金で比較検討のホームページを更新しました

    2017年01月19日

    ホームページを更新しました。